宮城県仙台市で歯列矯正〜1年7ヶ月目の調整に行ってきた

歯列矯正

アメリカではじめた歯列矯正

帰国後は宮城県仙台市の歯医者さんで継続しています

アメリカでお世話になっていた先生に紹介してもらった

つつじがおか歯科・矯正歯科 です

つつじがおか歯科さんは、ご夫婦で経営されていて、ご夫婦ともども歯医者さんです

ご主人が矯正歯科のご専門みたいです

かなり人気の歯医者さんで、予約は1ヶ月後くらいじゃないと希望の日時は取れません

子供さんに人気なのかな?いつ行っても小さいお子さんが来てます

歯医者さんの内装もすごく可愛くて、治療する椅子の真上の天井には、歯医者さんをモチーフにしたステンドグラス風の装飾があります

治療のために寝転んでいると、そのステンドグラスが見えるようになってます

あとは、お花もたくさん活けられてます

歯医者さんって、ちょっと無機質になりがちだと思うんだけど、こういうやさしい内装だと和むな〜

昨日は約3ヶ月ぶりに調整に行ってきました

ほんとうは1ヶ月に1回行かないといけないんだけど、2ヶ月も東南アジアをふらふらしてたもんで、すっかり間が空いてしまいました

さて、いつもの通り歯科衛生士さんが歯のクリーニングからやってくれます

これ、アメリカの歯医者さんでは歯のクリーニングしてくれなかったから、ほんとうにありがたい

たぶん、別料金を払えばアメリカでもやってくれると思うんだけど、日本の歯医者さんは歯のクリーニングは自動的にやってくれますもんね

水が勢いよく出る器具で汚れを落としてから、これまた電動器具でブラッシング

歯にあたる感触だけでしか分からないから、一度、どんな器具でクリーニングされてるのか見たい気がする

今度みせてもらおうかな

なにを隠そう、わたくし、歯医者が大の苦手です

あの器具の音がこわいし、ちょっとした痛みにも弱い。。。

だから、矯正を始める前は、歯医者さんなんて5年に1回行くか行かないか、みたいな感じでした

虫歯にもなりにくいんで、特に行く必要もなかったんですけど。

今は、さすがに毎月歯医者に行かないといけない生活なので、だいぶ慣れてきましたけどね

今後は、せっかく歯の矯正したんだから、定期的に歯医者さんでチェックしてもらって、歯を大切にしなきゃ〜

さて、今回の調整はいつもの通り、古いワイヤーを外して、新しいワイヤーをつけるだけ

先生によると、下の歯並びはほとんど完成に近いとのこと。

2本抜いた歯の間もほとんど埋まったし。

あとは、もう少し下の歯を後ろに引っ込めて、その分、上の歯も後ろに引っ込ませたい。

どうやら、わたしの歯は典型的な日本人の歯型で、特に前歯の厚みがかなり厚いそうです

ちなみに欧米人の歯って、薄くてペラペラなんですと。

わたしの歯は分厚くて裏がゴツゴツしてるから、出っ歯気味になってるみたい。

下の歯を引っ込めることで、その出っ歯気味の部分をもっと後ろに引っ込ませる予定です

先生によると、あと3ヶ月くらいで矯正器具を外せそう

この先、矯正器具をつけている歯の写真があるので、閲覧注意です!

かなりお見苦しいので、、、><

とはいえ、記録のために写真をのせています〜

↓わかりづらくて申し訳ないんですけど、今の状態がこちら
FullSizeRender

↓下の歯並びは、矯正前とくらべると、かなりまっすぐそろってます!ここがガッタガタだったから、うれしい〜
FullSizeRender

↓矯正前の歯並びがこちら
image

いよいよここまで来たかー!!!

楽しみです

歯列矯正、歯の矯正については、こちらの記事もどうぞ!

アメリカで歯列矯正をするときの3つのポイント〜価格など


アメリカで歯列矯正〜初回診療から激痛のセパレーター装着


アメリカで歯列矯正〜矯正器具をつけて中2病にかかる

コメント

タイトルとURLをコピーしました