タイ北部の田舎町で美容院に行くの巻

タイ
サワディーカー
仕事をやめて東南アジアぶらり旅しておりまする
今はタイ北部、チェンマイ から北に2時間くらい車で走ったところにあるオーガニック農場でボランティアしてます
IMG_9022

今日は火曜日
火曜日は農場がお休みの日なんです
ってことで、現金が無くなってきていたので、散歩がてらATMに行くことに。
Googleマップで調べたら、最寄りのATMまで歩いて1時間 爆
でも、時間はあるし、1時間くらいゆっくり歩けば行けるかな、ってことで、とりあえず行ってみることに。
15分くらい歩いて車道に出たと思ったら、一台の日産マーチがわたしの横で止まった
なんだろー?と思ったら、窓が開いて、中からタイ人の女性が英語で話しかけてきた
女性: どこ行くのー?
わたし: ATMだよー
女性: え、めちゃくちゃ遠いよ?乗ってく?
わたし: ほんとに?いいの?ありがとう!
一瞬だけどうしようか迷ったんだけど、女性が1人だけだったし、車も日産マーチだったから、大丈夫だと判断
こういうのって勘ですよね
沢木耕太郎さんが深夜特急で書いてたけど、旅先では必要以上に人を警戒し過ぎないことが、旅をより楽しむ秘訣だと思う
ある程度の基準は自分の中でもうけつつ、時にはえいやっと目の前のチャンスに飛び込んでみる
ま、ハタチのころに、バンコクて痛い目にあってるんですけどねー
その事件についてはこちらをどうぞ
さて、今回見ず知らずのわたしを道端でひろってくれたのは、タイ人のピンさん
ピンはこの町の出身で、今はシドニーの大学に留学中
この日はたまたま両親のところに休暇を利用して里帰り中だったんだって
ピンがまずはATMに連れて行ってくれた
ところが1軒目、2軒目もわたしのカードでキャッシングできなくて、あきらめて車を走らせていた時
ふと目に入ったまた別のATM
ピンに、あそこならいけそう!ってお願いして車を止めてもらい、3度目のトライ
そしたら見事にキャッシングできましたー!
神さま、仏様、ありがとうございます
そのあと、ピンがすごく立派なお寺がある、といって連れて行ってくれました
Wat Ban Den
Inthakhin, メーテーン チエンマイ 50150
これがほんとに立派なお寺で、今までカンボジア、ラオス、タイでいろんなお寺をみてきたけど、ここはかなりユニークでした!
IMG_9001

なんかね、メルヘンチックな装飾で、カラーリングもパステル調
ピンクとか水色とか
IMG_8980

まあ、定番の涅槃像さまも、なんかカラフル!
IMG_8999

ゾウさんとクジャクが合体?
IMG_8991

壁の装飾が細かくて美しい
IMG_8989

規模も大きくて、団体さんが大型バスで観光に来てたから、タイでも有名なんだろうね
ピンに出会わなかったら、このお寺も知らずじまいだったと思うから、来れてよかった!
ピンはこの日、美容院に行くつもりだったらしく、わたしがお寺をみてる間にちょっと行ってくる、とのこと。
お寺のそばの美容院だから、お寺を見飽きたら、美容院まで歩いて来てね、とピン。
しばらくお寺を見学して、美容院に歩いて行くと、ピンがまだ頭を洗ってもらったところみたい
ピン: まだ時間かかるよー。頭洗ってもらう?
わたし: あ、じゃあお願いしようかな!
ってことで、洗髪とブローだけやってもらいました
家族経営の美容院みたいで、10代?の娘さんらしき人が洗ってくれました
タイ式なのか分かんないけど、けっこうガシガシ強めの洗い方で、刺激が強かった 汗
しかも、4回も洗って流してを繰り返した気がする
これでもか!って感じ。
洗髪のあとは、お母さんがブローしてくれました
さすがベテランのお母さま
ブロー上手で、スチームアイロンも使って、サラッサラ、つるっつるの内巻きボブに仕上げてくれました💖
IMG_9062

こんなに整ったヘアスタイルなんて、1ヶ月以上ぶり!
旅してる間は、ドライヤーすら持ってないから、常に自然乾燥の寝癖つきまくりボブだからねー
やっぱりヘアスタイルが整うと、気分も上がるし、ノーメイクでもそれなりに素敵に見えるなー
実は、ミニサイズのヘアアイロンを直前に買って持ってきたんだけど、めんどくさくてぜんぜん使ってない
次はビーチリゾートに行くし、久しぶりに使ってみるかなー
うーん、でもどうせ海に入ったら一緒だしなー
自然に任せよう 爆
で、洗髪とブローでお会計はいくらかしらー?と思ってたら、ピンがまとめて払ってくれてました!
払う払うって言ったんだけど、受け取ってもらえなくて、結局おごってもらっちゃいました
なんて神対応なんだ、ピンさんよ
見ず知らずの他人を道端で拾って、美容院まで一緒に行って、お代金まで払ってあげるって、そんなことある?
わたしも、日本で旅人に出会ったら、絶対に親切にしようと決心しました
旅で受けたご恩は、自分がまた他の旅人に親切にすることでお返ししていきたい

コメント

タイトルとURLをコピーしました