タイのオーガニック農場でボランティア体験

タイ
仕事をやめて東南アジアぶらり旅
ひょんなことから、タイ北部のオーガニック農場でボランティアしています
きっかけは、チェンマイ からパーイ に行くミニバンでとなりに座った台湾人の女性と仲良くなったこと
その子がつい最近までその農場でボランティアしたばかりで、おもしろいよーって勧められたんです
その農場はPun Pun Organic farm
IMG_8927

タイ北部のチェンマイ から車で2時間ほど北に行ったところにあります
https://goo.gl/maps/xYH7WCgJ3rj
小さい農場なんだけど、けっこう有名みたいです
というのが、ここを始めたジョンが本を書いたりTED Talkに出たりと、知る人ぞ知る有名人物なんです
わたしも台湾人の子に勧められてTED Talkを見たんですが、すごく共感しました!

わたしがここ最近考えていたこと、なんで仕事をやめてこの旅に出たか、ということにすごくリンクしてたんです
それで、一気にこの農場に興味を持ちました
ジョンは
Life is easy. If not easy, something is wrong. 
生きることは易しい。もし易しくないなら、何かが間違っているということだ。
と言っています
動物は簡単に巣を作る
鳥はたった一晩で木の上に巣を作り上げ、ネズミは一瞬のうちに土の中に穴を掘って住処を作る
人間だけが、30年ローンもかけて家を買い、そのために働き続けている
それはおかしい、と。
だからジョンは自分で家を作ることにしました
そして、こんなに快適で機能的でステキな住まいを作っちゃったんです
そしてさまざまなものを手作りして、できる限りの自給自足を目指しています
ジョンは、便利な世の中に生活していると、人は工夫しなくなって考えなくなる
でも、こうやって何もない一見不便な生活をすると、人はどうしたらもっと快適になるか?と考えて工夫するようになる
と言っています
これはまさにそうだと思う
便利なことに慣れすぎてて、当たり前だと思っていた日本の生活
でも、ここで生活してみて、生きるために必要なものはほんのわずかなんだということに気づいた
衣食住
やっぱりこれが生きるための基本であって、これをいかに少ないリソースから工夫して豊かに暮らすか
それがシンプルに生きるということなんだと思う
今、ここ、をシンプルに豊かに生きる
さてさて、ボランティアの話に戻ると
人気の農場なので、ボランティアするには数ヶ月前に申し込みしないと希望の日程は取れないようなんですが
ダメ元でメールを送ってみたところ、キャンセルが出たからすぐに来ていいよ!とのこと
これはやっぱりなんか縁があるのかもー?と思って、2週間のボランティアを申し込みました
ボランティアは最短で2週間から最長2ヶ月まで
常時、6〜7名のボランティアがいて、タイ人半分と外国人半分って感じ
この農場にはコミュニティとして常時住んでいる人たちが約20名いるので
ボランティアはそのコミュニティメンバーの仕事を手伝う形でいろんなことを経験させてもらえます
◇ボランティアで何ができるの?
ガーデニング
畑でいろんな野菜を育ててます
ボランティアは畑を割り振られて、そこの水やり、草とりなんかを日課として行います
ニワトリ、牛の世話
農場で飼ってるニワトリのエサやり、たまご集め
牛のエサやり、牛乳しぼり
IMG_8937

料理
料理は当番制で3人グループで料理します
タイ人のコミュニティメンバーがメインシェフになってくれるので、手伝いながらいろんなタイ料理を学べると思いますよー
家づくり
この農場の家やトイレ、シャワールームはすべてここのコミュニティメンバーが手作りしたもの
常に新しい建物を作ってるので、それを手伝うこともできます
粘土とワラをまぜてコネコネしたもので壁を作っていくんですが、これが楽しい!
いつか自分の家をこんな風に手作りしてみたい、っていう新たな夢ができました
↓コミュニティメンバーのひとりが新たに作っているおうちをお手伝い
IMG_8954

↓粘土とワラをまぜたもの、コブと呼ぶそうです

IMG_8955

↓金属と竹でできた枠組みにコブを貼り付けていきます

IMG_8956

自分の手でこんなに簡単に家が作れるなんてすごい!
最後にジョンがもっとも力を入れている
Seed Saving 
直訳すると 種の保存
わたしはここに来るまで知らなかったんだけど、だいたいの農業では種は業者から買うのが普通らしい
たしかに、実家でもいつもおばあちゃんがタネを買っていたと思う
でも、農場で野菜を収穫するだけでなく、種もちゃんと残していけば、もうタネを買う必要はなくなる
オーガニックで育てた美味しくて安心安全な野菜の種を保存できる
この農場には毎月100通を超える手紙が来て、タネを送って欲しいとリクエストがあるらしいです
それで、ボランティアは野菜からタネを取り出して、クズを取り除いて、小分け袋にパッキングする、という大事なお仕事があります
これがまた、タネだけに超細かい作業!
↓サヤエンドウのようなものから、タネを取り出したところ。タネって可愛いですよ〜
IMG_8973

でも、ここでボランティアすることで初めてその重要性に気付かされました
他にも、こんなことがしたい!って相談すれば、いろんなことを教えてくれたり経験させてもらえると思います
石けん作り、コンブチャ作り、とうふ作り、シャンプー作り、などなど
◇参加費用
1日あたり350バーツ
寝床と三食込みだから、安いと思います!
3週間目からは300バーツ、4週目からは250バーツに値段が下がりますよー
寝床は薄いマットレスに毛布をかけて、蚊帳の中で眠ります
わたしは4人部屋でした
蚊帳に寝るのが初めてだったんだけど、なんか守られた自分の城って感じで、すごい気に入りました!
日本でも蚊帳で寝たい
外には虫さんがたくさんいますが、蚊帳の中は安全地帯です
シャワーは基本、水シャワーです
太陽光発電を使ったホットシャワーもあるらしいんですが、あまり調子は良くないらしく、まだ一度も使ってません
ていうか、日中はめちゃくちゃ暑いんで、水シャワーでじゅうぶん!
はじめは水シャワーにひえーってなりながら浴びてたけど、なれたらむしろ気持ちいい
乾季の今は朝晩けっこう冷え込むので、ポイントは水シャワーを1番暑い昼間に浴びてしまうこと
この農場は360度、自然に囲まれて、遠くに山々が見えて、田んぼがあって、景色がほんとにきれいです
朝日も夕日もめっちゃキレイ
IMG_8934

まわりにはなんにもないですが、風に吹かれながらその景色をぼーっと眺めてるのが、ほんとに最高
食事は肉は出ませんが、野菜中心でたまごや牛乳、とうふなどもあるので、ボリューム的にも問題なく、美味しいです!
むしろ、三食きっちり出るので、ここに来てさらに太った気が 汗
言葉は、タイ語ができたらベストですが、英語がある程度わかれば大丈夫です
今いるボランティアメンバーは、スペイン、アメリカ、中国、日本だけど、世界中から集まってくるみたいで、ダイバーシティです
だから、ボディランゲージとあいさつ程度で何とかなると思う!
◇こんな人にオススメ
いつか自分の農場を持ちたい
シンプルな農場暮らしを経験してみたい
いろんなものを手作りしてみたい
普通の旅行じゃないディープ経験がしたい
タイ語を勉強したい
世俗から離れて、自分をゆっくりと見つめ直したい
滞在期間の2週間のうち、1週間が過ぎました
残りの期間もマイペースに過ごしまーす

コメント

タイトルとURLをコピーしました