タイの素朴なビーチ チャン島の3つの楽しみ方

タイ
仕事をやめて東南アジアぶらり旅
2カ国目のタイにやってきましたー
そうだ!海に行こう!
ってことで、チャン島へ。
カンボジア シェムリアップ からチャン島への行き方はこちら↓
では、タイの素朴なビーチ チャン島の3つの楽しみ方です

1. 島にいくつかあるビーチによって雰囲気が分かれるので、自分がどんな過ごし方をしたいかで宿を選択


ホワイトサンドビーチ
White Sand Beach
IMG_7804

港から近いところにある大きなビーチ
高級ホテルが多くて、レストランやバーもたくさんある
ビーチはその名の通り白砂で穏やかできれい
夕陽が有名
チャン島の中では観光地化されたイメージ
ロンリービーチ
Lonely Beach
わたしは今回このビーチの近くに宿をとりました
港からちょっと遠くて車で40分くらいかかる
ゲストハウスやホステル、バンガローなどの比較的安いお宿が多い
ホワイトサンドビーチよりは数は少ないが、レストランやカフェ、バーも充実
ビーチの前には素朴なバンガローが並んでて、ヤシの木もたくさんあったり、のんびりしたビーチ
ビーチ前にカフェもあってくつろげます
透明度が高い!
波が穏やかで、遠浅で、ずっとプカプカしていたくなるビーチでした
夕陽を見つめながら海につかってみたんだけど、なんかすごい浄化された気がする
それまでどんだけ汚れてたんだ 汗
はい、いろいろ溜まってました
ロンリービーチ前のカフェにて
ごろごろだらだら出来ます
犬と猫がいて、癒される〜
わたしが泊まったホステルはこちら
4/22 Moo 1, Lonely Beach, Koh Chang, Thailand 23170
ドミトリーで10ドルくらい
やっぱりリゾートだからちょっと高め
シェムリアップ のドミトリーは4ドルだったもんね
プールもついて、自由に使えるビリヤード台なんかもあって、なかなか快適でしたよ
結局3泊しました
ただ、最後の日はホットシャワーが壊れて、水シャワーでした🚿
いやー、水シャワーはツライね

2. 島の移動はレンタルバイク(オートバイ)がおすすめ

IMG_8076

もしバイクの運転に抵抗がなかったら、ぜひレンタルオートバイしてください
チャン島はかなりアップダウンが激しい地形になってるので、自転車はかなりキツイと思います
自転車の人ってほとんど見なかった気がする
オートバイは1日200バーツが相場でした
ガソリンがビン入りのやつだと1本40バーツ
3本で満タンになるイメージです
今回、たまたまシェムリアップ からのバスで一緒になった韓国人の男の子と一緒にチャン島をまわったので、彼がオートバイ運転してくれてすごいラッキーでした!
南の島でバイク2ケツとか、青春みたいでテンション上がりますっ
ぐるーっと島を一周すると約1.5時間かかるらしいです
私たちはところどころ気に入ったところで止まってのんびり写真とか撮ってたので、1日かけてまわりました
まずはマイナスイオンを浴びに滝へ
Khlong Phlu Waterfall
Ko Chang, Ko Chang, Trat, Tambon Ko Chang, Amphoe Ko Chang, Chang Wat Trat 23170

滝までの道のりは緑がいっぱいで気持ちがいいー
IMG_7701

IMG_7709
ジャングルみたい

IMG_7758

滝の水、うまっ😋
なんて、バカなことをやって楽しめます
国立公園みたいになってて、入場料200バーツ
物価からするとけっこう高くてビックリ!
でも訪れる価値ありです
滝の下で泳げるので、水着持参で1日のんびり過ごすくらいがいいかもです
公園入り口には売店があって、水、ココナツジュース、アイスなど売ってます
観光地なのに良心価格!
ま、入場料が高いからねー
滝でマイナスイオンをたっぷり浴びてリフレッシュしたあとは、ホワイトサンドビーチ近くの展望台へ
White Sand Beach View Point
 8/8, 9 Rural Rd, Tambon Ko Chang, Amphoe Ko Chang, Chang Wat Trat 23170
ここで、行きは青い海を、帰りは夕日を眺めました
ここ、おススメです!
お次はたまたま通りすがった港へ
Center Point Ferry
ここ、なんてことない港なんだけど、人がいなくて堤防をずっと歩いて行けて、雰囲気よかったです
IMG_7899

お次は 島の最南端のロングビーチ
Long Beach
Tayland Körfezi, Tambon Koh Chang Tai, Amphoe Ko Chang, Chang Wat Trat
087 979 4572
IMG_7847

ここまでかなり遠かった〜
ロングビーチの売りは、なんといっても人が少ないこと
ビーチ自体はなんの変哲もないキレイなビーチなんですけど、ほとんど人がいないので、静かにのーんびりできます
ここにはバンガローやカフェもあるので、カップルだったらここに宿をとって、ひたすらのんびりするのも良さそう
まわりには何にもありませーん!
ここでガソリンが空っぽになってしまったので、バーでビン入りのガソリン購入
40バーツ
売っててよかったー 汗
ここで売ってなかったから帰れなかったよ
みなさんも、バイク乗る際はガソリンの残量に注意してくださいねー
ちなみに、ビン入りのガソリンよりもガソリンスタンドで入れた方が安いらしいので、スタンド見つけたらこまめに入れた方がいいかもです
私たちはビン入りガソリンだけですませましたが
このあと、大慌てで夕日を見にホワイトサンドビーチの展望台へ
ギリギリセーフ!
ことばを失う美しさ
IMG_7867

太陽がでっかくて、神々しかった!

3. 夜はホワイトサンドビーチのビーチサイドにあるSabay Bar が楽しい!

チャン島に住んでいる方に教えていただいた、有名なバー
サバイ バー Sabay Bar
ここがなぜ楽しいかと言うと、夜8時からファイヤーダンスショーと生バンドライブがあるから!
飲み物さえ頼めば、シャーもライブもタダです
その分、値段はちょっと高めかな
ファイヤーダンスもなかなか良かったんだけど、生バンドの生ライブがすごいよかったです!
お客さんのリクエストにも答えてくれて、あとは有名な洋楽をいろいろ歌ってくれました
フィリピン人の男女混合バンドで、歌が超うまかったー
歌にちょっと飽きたら、すぐうしろはビーチなので夜のビーチに足だけ入って、ぱちゃぱちゃ遊んでまた音楽に酔いしれるって言う。
最高でした!
タイの素朴なビーチ チャン島の3つの楽しみ方
まとめ

1. 島にいくつかあるビーチによって雰囲気が分かれるので、自分がどんな過ごし方をしたいかで宿を選択

2. 島の移動はレンタルバイク(オートバイ)がおすすめ

3. 夜はホワイトサンドビーチのビーチサイドにあるSabay Bar が楽しい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました