アメリカで歯列矯正 その4

現在、アメリカで絶賛、歯列矯正中です。

今日は5回目?の定期調整の日でした。

(あ、この動画の人はわたしではありません。たまたまYouTubeで見つけて、わたしの考えてることと似てたので、拝借しました〜。お顔もかわいいけど、声がかわいい)

今日の定期調整をしてくれたのはD先生のアシスタントの男性。

たぶん中国人なのかな?

でもちょっと日本語できるみたいで

D先生が彼に指示を出すときは日本語で話してたな。

まだ若いアシスタントさんだから、正直ちょっと心配だったんだけど

うまいことやってくれたみたいで一安心。

調整が全部終わって、そのアシスタントさんに

「Do you feel anything sharp in your mouth?」

(口の中に何か尖って当たってない?)

って聞かれて、大丈夫だよーって答えたら

イェイ!ってガッツポーズしてたのがちょっと可愛かった 笑

でもねー、やっぱりベテランのジェニファーがやってくれたときが

時間もかからないし、全然痛くなかったな。

やっぱり経験の差ってやつですね。

さて、肝心の歯列矯正のほうの状況はというと

上下2本ずつ抜歯したところにできたスキマを縮めるような感じで

歯にワイヤーで圧力をかけて徐々に動かしていくみたいです。

ワイヤーのほかにもプラスチック?ゴム?みたいなものが

歯に引っ掛けてあって、それでもって動かしたい方向にひっぱってるみたい。

下の歯がガッタガタで1本だけ後ろに引っ込んじゃってたんだけど

徐々に隣の歯と並びつつあるのが見えて、うれしい。

もちろんまだまだ時間はかかるけどね。

いつものことだけど

定期調整をしてから数時間すると徐々に痛くなってきます。

でももう慣れたから調整した当日でも

わりと何でも食べられるようになっちゃったな。

だいたい1日くらいで痛みはとれるから大丈夫。

めざせキレイな歯並び!!! 

歯列矯正、歯の矯正については、こちらの記事もどうぞ!

アメリカで歯列矯正をするときの3つのポイント〜価格など


アメリカで歯列矯正〜初回診療から激痛のセパレーター装着


アメリカで歯列矯正〜矯正器具をつけて中2病にかかる

コメント

タイトルとURLをコピーしました