自分を磨くためにしたいこと3つ

アメリカ留学生活

現在アメリカ生活中。

ちょっと今、人生の岐路にまたさしかかってます。

これで何度目だろう。。。人生の岐路ってやつは。。。

まあ30うん年間も生きてれば、人生の岐路にもそこそこ立たされます。

そんなこんなで悩みを相談した人生の先輩に言われたこと。

それは

「自分を磨くために今何かしてることあるの?」

え、、、ええと、、、、すみません、特にありましぇん!

韓国語の勉強を始めたのと、ブログを書いてます。

「それもいいけど、どちらもわりとうちにこもる感じじゃない? 外に出て定期的に人と会うようなものが理想的よ」

なるほどー。

いや、そういうのすごい苦手なんです。。。

「苦手でもなんでもやらなきゃダメ!」

そーいうもんですかね。。。

じゃあ、ということで自分を磨くためにしたいことを考えてみましたー!

1.サルサ

メキシカン料理にかかってるソースじゃないです。

ダンスのサルサです。

サルサはねー、テレビで芸能人ダンス部が踊ってるのとか

映画とかで見て、あの情熱的なダンスがカッコよくて

いつかやってみたいと思ってたんだよねー。

映画は Cuban Fury (邦題:カムバック!)ってやつが面白かったです。

 

おでぶちゃんでイケてない中年男性がサルサを通じて自分を変えていくストーリー。

おでぶちゃんなのに、サルサをビシバシ踊る姿はカッコよく見えてくるから不思議。

踊れるデブってやつですね。カッコいいです。

いやー、でも自分がサルサ踊ってるところが想像できない。。。

ハードル高いなー、この習い事は。。。

2.ウクレレ

アメリカに来てみて強く感じたこと。

音楽は国境を越える!

音楽に国境はない!

No Music No Life!

音楽を聴くのはもとからすごく好きです。

でも自分で音楽を奏でることができるって

すごく素敵なことだなーって思うようになりました。

楽器がきっかけでコミュニケーションが始まることもあるし。

そんなわけで去年の夏に一時帰国した時に

暇だったんでAmazonでウクレレを購入しました!

なんでウクレレか?

まずハワイが大好きでハワイアンミュージックも大好き。

だからウクレレってずっと興味があったんだよね。

それからわたしは手がすっごい小さい。背も小さいけど。

だから手が小さくても弾きやすいウクレレにしました。

4弦しかないからね。

今のところ、レパートリーは

ハッピーバースデー

なだそうそう

歌うたいのバラッド(斉藤和義)

風になる(つじあやの)

いちおう初心者向けの教本とYouTubeを見て練習してるけど

完全に自己流だから

一度ちゃんとレッスンを受けてみたいなあとおもふ。

ちなみにウクレレは英語で ukulele

発音はウクレレだと通じません。。。

ユクレレ、って感じかな。

ウクレレといえばこの子。

America’s Got Talent っていうアメリカのタレント発掘番組で

2016年のNo.1に輝いた

Grace VanderWaal(グレース・ヴァンダーウォール)

たったの12歳よ?

おっそろしい才能だよね。

たぶん一番有名な上の曲もいいんだけど

わたしはもっとリラックして歌ってる下のカバー曲のほうが好き。

となりに座ってるペットのワンちゃんがまるで一緒に歌ってるみたいで

すんごい癒される。

そしてたぶん、このワンちゃんの名前は「Kuro」でクロ、だから日本語からとったんじゃないかと勝手に推測。

きっとグレースは日本に興味があるはずだー!

そんなわけで、ウクレレをちゃんとレッスン受けてみたいってことでした。

3.料理

わたし、料理はあんまり得意じゃない&好きじゃないんです。

できれば誰かに作ってもらいたい。

だから人生のパートナーには料理男子モトム!!!

んでもって、どうやら料理教室というのは

料理好きの男性に出会うのにもってこいの場所らしい。

動機がおもいっきし不純ですんません。

恋人に美味しい料理を作ってあげたいから、

とかいう動機じゃなくてごめんなさい。

ということで、自分を磨くためにしたいこと3つ、でした。

サルサ、ウクレレ、料理! 

コメント

タイトルとURLをコピーしました