矯正中の歯のみがき方 3つのコツ

現在、アメリカで元気に歯列矯正中!

気分はまさに中2!

矯正中のはみがき、すごく大事です。

器具がついてるとやっぱり汚れがたまりやすいから、ほうっておくと虫歯になりやすい。

アメリカで虫歯になっちゃったら、治療費がえらいことになって破産する。

ということで毎日はみがきがんばってます。 

矯正中の歯のみがき方 3つのコツ

1.食べたあとはその都度すぐにみがく

まあ、当たり前なんですけど、大事ですね。

家ではもちろん、外出先でもつねに携帯用の歯ブラシを持ち歩いておいて、こまめにみがきませう。

2.ブラッシングにもコツがある

まず器具に垂直に歯ブラシをあててゴシゴシ。

それから歯ブラシを斜めにして器具の上部のほうをゴシゴシ。

同じように歯ブラシを斜めにして器具のしたのほうからゴシゴシ。

歯の裏側をゴシゴシ。

歯ブラシはなるべくヘッドが小さくて毛がやわらかいのがオススメ。 

はじめは電動歯ブラシで磨いてたんだけど、自分の手でみがいたほうが力加減ができるし細かいとこまで念入りにみがける気がして、今は普通の歯ブラシです。

電動歯ブラシもいいと思うけどね。

3.ブラッシングが終わったら、次はデンタルフロス

糸ようじですな。

じつはわたし、歯列矯正をするまではデンタルフロスってしたことがなかったんです。。。

ばっちいくてごめんなさい。。。

でも今はデンタルフロスもちゃんとできようになりました。

矯正器具がついてるからフロスを視姦、じゃない歯間にとおすのにちょっとコツがいるんだけど、今じゃすっかり職人ザワ、じゃない、職人技です。

フロスをするとすっきりしていいねー!

これでバッチリ!

歯は一生つきあっていく大事なものだから、しっかりケアしてきれいな歯を残したいな。

 

歯列矯正、歯の矯正については、こちらの記事もどうぞ!

アメリカで歯列矯正をするときの3つのポイント〜価格など


アメリカで歯列矯正〜初回診療から激痛のセパレーター装着


アメリカで歯列矯正〜矯正器具をつけて中2病にかかる

コメント

タイトルとURLをコピーしました