アメリカの独立記念日

アメリカ留学生活

ただいまアメリカ中西部で大学院生と日本語教師の二足のわらじで奮闘中!

アメリカの独立記念日をアメリカで初体験!

Independence day

またの名を July 4th とか 4th of July とか呼ばれてるもの。

一昨年あたり、日本でちょこっと英語を教えてた時に、

4th of Julyがどんなものかも知らずに

4th of Julyの動画とか探してクラスで流したなー。。。

まさかその4th of Julyを

アメリカで実際に経験することができるなんてー!

あの頃は思ってもみなかったこと。

人生って何が起こるか分からない。

そんな訳で行ってきました!

大学近くのForest Parkのフェスティバル。

遠くに見えるのはぜーんぶ人、ひと、ひと!

みんなちゃんと敷物持ってきてて、座ったり寝転んだり。
敷物持っていかなかった私たちは、湿っぽい芝生に直座り。。。
来年は絶対に敷物持って行く!!!

 

8時頃になってやっと日が沈み始めたー
日本のお祭りと同じで、いろんな屋台が出てました
でも屋台もしっかりお祭り価格!
ケバブサンド的なのが9ドル、Funnel Cake(揚げドーナツみたいな)が8ドル、レモネード6ドル(ティッシュ箱なみにデカい)。しめて23ドルΣ(゚д゚lll)。貧乏学生には痛い出費。
 
ここのGYRO(毛羽部三度、じゃなくてケバブサンド的な)、ジューシーで美味しかった!
でもジューシーすぎて食べながらお汁がダラダラと。。。

お店の看板。うん、いろいろ売ってるんだね。色使いがアメリカンな気がするね。
食べた後ですみません。。。これがFunnel Cake。揚げドーナツの変形版。
うーん、こういうのは揚げたてで食べないとダメだね。
食べきれなくて翌朝食べたら、ま、マズい。。。これも良い思い出!

そしてレモネード。なぜにアメリカ人はレモネードが好きなのかね?
アメリカドラマ見てても、誰かの家に訪ねて行ったら「レモネードいかが?」ってよく言ってる気がする。
そしてサイズでか!ティッシュ箱に引けを取らないサイズ感。

そんな初体験の4th of July。

無料のコンサートと花火大会と、

全体的にハッピーなお祭りモードに大満足の夜でしたー。

斬新だったのが、

花火にバックミュージックがあったこと。

しかも「Born in America」「USA! USA!」的な

アメリカ万歳的な歌詞の曲ばっかりをメドレーでお届け。

しかも爆音。

こういうところがほんとアメリカらしいというか、

日本と違うなーって感じる。

日本だったら

風流に「ひゅるるるるーどかーん」「たーまやー」だもんね。

アメリカ式花火大会、これはこれですごく良かった!

むしろ、日本では花火大会に行かない(単純に人込みが嫌)

自分としては、かなり楽しめたー!

Happy 4th of July!

コメント

タイトルとURLをコピーしました