ALLEX日本語教師養成講座 その1

アメリカ留学生活

ただいまアメリカ中西部で大学院生と日本語教師の二足のわらじで奮闘中!

ALLEXという奨学金プログラムでアメリカに留学しました。

これはその日本語教師養成講座に参加したときの日記です。

ALLEXについてはこちらをどうぞ↓
http://www.allexjapan.org/

ワシントン大学内でお気に入りの教会。空が真っ青!
東京ではなかなか見られないなあー、この青は。

ALLEXという奨学金プログラムの一環で、

アメリカはミズーリ州のセントルイスにある

Washington University in St.Louis

日本語教師養成講座に参加しています。

▼ALLEX(奨学金プログラム)の詳細はこちら
http://www.allexjapan.org/

この日本語教師養成講座、期間は約7週間。

その7週間で、

日本語教師に関する知識経験ゼロの状態から

アメリカの大学で大学生向けに

日本語を教えられるようになっちゃうという

かなりIntensiveなコース!

月ー金、朝9時から16時までみっちり授業。

もちろん宿題もテストもたっぷり。

気持ちのいい日は外でお勉強。これがまた最高なんだわー♪

そしてなんと1週目から

実際にアメリカ人大学生を相手に

見よう見まねでデモレッスンをする、という

なんとも「獅子は崖から子を突き落とす(?)」的な

超実戦的授業。

毎日通ってる教室

教えてくださる教授陣、先生方がこれまた素敵な方々ばかり。

実際にアメリカの大学で

長年日本語の教鞭をとっていらっしゃる方々だから、本当に実践的。

「リアルに使える日本語」を教えることに

主眼を置いてることも、とても賛同できる。

わたしは日本語教育に関する知識ゼロの状態から

この日本語教師養成講座(日本語教育研修プログラム)に参加して

しっかりと基礎を身につけることができました。

そして今、アメリカで日本語を教えていまーす。 

コメント

タイトルとURLをコピーしました